ホーム > 病院の案内 > 院長就任挨拶、理念、基本方針、患者様の権利と責務、職業倫理綱領
院長挨拶

この度、本年4月1日から院長として就任しました興梠博次です。これまでは、熊本大学大学院生命科学研究部ならびに医学部附属病院の呼吸器内科教授として診療、研究、教育に邁進してきましたが、新天地の住民のために診療に全精力を注いで貢献するつもりです。

どうかよろしくお願い致します。

 

大牟田天領病院は、明治22年(1889年)に三井大牟田病院として創立され、平成14年に社会保険大牟田天領病院と名称が変更になりました。これまで住民の皆様とともに128年間歩んできています。したがって、皆様のご家族には先祖4代から5代にわたりお付き合いをいただいていることになります。

 

このような伝統の中に、さらなる皆様の安心と信頼を得るため、全職員が一丸となり、医療の質を向上させ、患者中心の医療を実施しています。今後も常に学び、技術を向上させ、患者・家族、住民の皆様に寄り添って貢献いたします。そして皆様のための素晴らしい病院づくりを致しますので、どうぞよろしくお願い致します。  

理念
1. 患者中心の医療
2. 医療の質の向上
3. 地域社会にあった手づくりの医療
4. 安心と信頼を持たれる病院づくり
5. 経営の安定と職員満足度の向上
基本方針
1. 地域の病院、診療所および介護施設と連携し、急性期医療を担当する中核病院として地域医療に貢献する。
2. 患者さんに安心とくつろぎを与える医療と介護を提供する。
3. 医療水準向上のため職員の教育および臨床研修を充実する。
4. 経営基盤を安定させる。
患者様の権利と責務
1. あなたは、病を自ら克服しようとすることにおいて、生命・身体・人格を尊重されます。
2. あなたは、地位・年齢・性別・疾病の種類にかかわらず、平等な医療を受けることができます。
3. あなたは、必要なときに援助・助力を求め、継続して一貫した最善の医療を受けることができます。
4. あなたは、医療機関を選択し、また転医することができます。転医に際しては必要な情報を提供いたします。
5. あなたは、検査や治療の目的・方法・内容・危険性について十分に理解できるよう、説明をうけることができます。また、納得できる医療を受けるために、医療に関する説明を受けてもよく理解できなかったことについて、十分に理解できるまで質問することができます。
6. あなたは、あなたの診療に関する情報や健康教育を受けることができます。
7. あなたは、十分な説明や助言・協力を得たうえで、あなたの意思に基づいて医療行為を受け、あるいは拒否することができます。
8. あなたは、プライバシーに関する権利を有し、医療に関する個人情報は保護されます。
9. あなたは、良質な医療を実現するために、あなた自身の健康に関する情報を、医師をはじめとする医療提供者にできるだけ正確に提供する責務があります。
10.
あなたは、すべての患者様が適切な医療を受けられるようにするため、他の患者様の治療や病院職員による医療提供に支障を与えないよう配慮する責務があります。
職業倫理綱領

社会保険大牟田天領病院は、地域の人々の健康を守るために、職員が遵守すべき行動の規範を職業倫理綱領として次の通り定める。

 

1. 病院の使命

職員は、患者の生命・尊厳・権利を尊重し、限りなき愛情と責任をもって、最善の努力を払わなければならない。

2. 医療の質の向上

職員は、医療の質の向上に努め、医療に関する諸学の知識と技術の習得に励み、人格教養を高めることによって、全人的医療を目指す。

3. 医療記録の適正管理

職員は、患者の医療記録を完備し、これを適正に管理するとともに、原則として開示する。

4. 権利擁護とプライバシーの保護

職員は、患者の権利擁護とプライバシーの保護に努める。

5. 安全管理の徹底

職員は、医療に関わるあらゆる安全管理に、最大の努力を払う。

6. 地域社会との連携の推進

職員は、地域の人々によりよい医療を提供するために、地域の人々とはもちろんのこと、地域の医療機関との緊密な連携に努める。

7. 病院の管理運営

職員は、病院職員としての自覚を持ち、病院の管理運営においては、利潤追求のみを目的とすることなく、業務の効率化・省力化を図り、最良の患者サービスを提供する。