看護部

看護部長・副看護部長挨拶

看護部長  福島 和子 (写真左)

看護部では、看護部理念にある、安全であたたかみのある看護が提供できるよう、接遇と看護の質の向上に取り組んでいます。大牟田天領病院に来院された患者さんが、「また来たい」「誰かに勧めたい」と思って頂けるよう、患者さんを快く受け入れ、質の高い看護・介護を提供していきます。
地域包括ケアシステムにある、住み慣れた地域で安心して住み続けられる社会の実現に向けては、地域に根ざした大牟田天領病院としての役割を果たしていきます。ご入院された患者さんには、安心して望む場所に退院できるように、多職種と連携したチーム医療の中で、療養環境を整え患者さんに寄り添った看護を提供していきます。患者さんとご家族の意向に沿った退院支援を行い、地域の多職種の方々との連携を深め、在宅、施設、医療機関との絆を大切に切れ目のない継続看護へと繋げていきます。

副看護部長  尾上 幸恵 (写真右)

大牟田天領病院看護部は「患者さんに選ばれる安全であたたかみのある看護を提供いたします」という看護部理念を掲げ、この地域の方々から選んでいただける病院となるよう努めています。病院で関わる患者さん一人ひとりを大切に思い、早期回復への援助を通し、患者さんとご家族が望む場所で継続して医療・看護・介護が受けられるよう、在宅支援を見据え、地域へ繋ぐ看護と疾病予防のための体制を整えています。
当院看護部の人材育成は、新人時代から段階を踏んだ教育にも力を注ぎ、当院の認定看護師・特定行為研修修了者をはじめ、多職種の協力を得、専門的な知識・技術について実践に活かせるような教育を取り入れています。看護師・介護福祉士、一人ひとりが役割を最大限発揮できるよう努めて参りたいと思います。

看護部理念

患者さんに選ばれる
安全であたたかみのある看護を提供します

【平成30年度 看護部目標】

1.一人ひとりの接遇意識の向上
2.看護・介護の質を高める教育体制づくり
3.在宅医療の充実に向けた訪問看護の実施
4.チーム力を高め、働きやすい職場環境づくり

看護部の特徴

急性期から慢性期、在宅まで幅広い看護を経験できます。

当協会では、高度急性期の手術室から急性期病棟、地域包括ケア病棟、回復期リハ病棟、療養病棟、在宅看護、介護老人保健施設、健診まで希望すれば看護師としての様々な業務を経験することができます。
急性期を極めるのも、これからの高齢社会を見据えて在宅のスキルを身につけるのも、幅広く経験してから専門性を磨くのも当協会なら可能です。

クリニカルラダーについて

当院看護部は、平成22年度よりクリニカルラダーを導入しました。
クリニカルラダーは看護専門職者として自己学習を進める上で、以下のようなメリットがあります。

自分のレベルに合った研修を
自己選択できる。

院内研修がレベル毎に計画されるので、同じレベルの経験・知識を持った受講者と一緒に学ぶ事ができます。

自分のペースで受講を
計画できる。

クリニカルラダーは看護専門職としてステップアップしていく道しるべとなります。自分の目指す方向性や個人的な状況を含め長期展望をもって学習計画を決められます。

能力評価が評価者の
個人的見解に左右されない。

クリニカルラダーは評価ツールです。クリニカルラダーを基準にして評価することにより、客観的な評価を受けることができます。また各人が学んだ事を綴じていく個人ファイルを作成することで、ポートフォリオが学習に活かせるようにしています。 看護部はみんなの学習を支援し、共に学びながら看護サービスの質向上を目指していきたいと考えています。

クリニカルラダー職務像一覧

福利厚生

青年部活動

30才までの未婚者を対象に、旅行や懇親会で親睦を深めたり、院内でボランティア活動を行ない、職場の活性化に努めています。

院内サークル

院内には様々なサークル活動があり、ゴルフ、野球、釣りなど楽しく休日を過ごしています。

職員旅行

年に数回、バス旅行があります。日頃の疲れを落として心も体もリフレッシュ。

託児室完備

託児室を完備し、産休・育休から復帰される方々をサポートしています。

病棟紹介

外来・内視鏡

外来では、限られた時間で患者さんの病状やニーズを把握し安全に安心して診療・治療を受けられるよう支援しています。
特殊外来として、皮膚・排泄ケア認定看護師によるストーマ外来、救急認定看護師による救急車対応、がん療養指導士による外来化学療法を行っています。
また、医療チームによる糖尿病教室、腎臓病教室を定期的に開催し、日常生活における療養支援に取り組んでいます。
内視鏡室では、上・下部内視鏡検査を3000例/年間程行っています。消化器内視鏡技士資格を習得した看護師が安全・安心に検査の説明から介助まで行っています。

看護師長  山口 理江

手術室

当手術室では、8つの診療科の手術が行われています。慢性的な疾患から一大決心をして手術に臨まれる方や急なけが・病気で心の準備も出来ないままに手術に臨まれる方、小さなお子さんからご高齢の方まで幅広く対応しています。安全に手術を受けて頂くのは当然のこと、心に抱えていらっしゃる不安や緊張が少しでも和らぎ、安心して手術を受けて頂けるよう看護を行っております。

主任看護師 原田 仁美

主な業務

手術室内・手術器械の準備や麻酔・手術の介助
整形外科 :人工膝関節置換術・人工股関節置換術・高位脛骨骨切り術
前十字靭帯再建術・関節鏡下手術・骨接合術など
外科   :開腹手術・腹腔鏡下手術・痔核手術など
呼吸器外科:開胸手術・胸腔鏡下手術など
泌尿器科 :経尿道的膀胱腫瘍切除・経尿道的前立腺切除術
      尿管結石に対する砕石手術など
脳神経外科:椎弓形成術・硬膜下血腫除去術・開頭手術など
腎臓内科 :内シャント造設術
循環器内科:ペースメーカー植え込み術

腎センター

腎センターでは慢性腎不全患者さんが保存期から透析導入となり、快適な維持透析へ移行できる為のサポートを行っています。安心、安楽な透析治療を継続するために患者さんへ納得して頂ける説明、指導を行い、透析療法と共に定期的に検査を実施して合併症の早期発見に努めています。また、フットケアを実施し、糖尿病などによる足病変の重症化防止にも努めています。

看護師長 下川 陽子

主な業務

ベッド数29床(HD24床、HDF5床)
スタッフ:腎臓内科Dr2名、看護師7名、臨床工学技士7 名
【治療内容】
血液透析(HD)、血液透析濾過(HDF)、持続緩徐式血液濾過透析(CHDF)、シャント造設術(再建術)、経皮的血管形成術(PTA)、
吸着式血液浄化法(エンドトキシン・ビリルビン)、血漿交換療法
白血球除去療法、腹水濾過濃縮再静注法術

南2病棟

外科、呼吸器外科、泌尿器科、皮膚科の病棟です。患者さんの大半は手術や検査を受けるために入院されます。
手術・治療・検査を受けられる患者さんの不安の軽減に努め苦痛の緩和を図りコメディカルとチーム連携に取り組み、早期に日常生活に戻れるよう努めています。
急性期から終末期までの患者さんを受け入れ、安心して治療を受けていただけるよう、個別的・継続的なケアを提供できるように取り組んでいます。あたたかい笑顔と安全な看護を目標に日々頑張っています。

看護師長 宮本 真弓

南3病棟(地域包括ケア病棟)

南3病棟は地域包括ケア病棟です。私達の病棟は、急性期病棟より急性期医療を経過された患者さんや在宅療養の患者さんの受け入れ、並びに患者さんの退院支援を行い、「住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができる」を目標とする地域包括ケアシステムの構築を支える役割を担う病棟です。疾患を問わず、全科の患者さんが対象です。医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語療法士、栄養士、介護福祉士、社会福祉士と多職種で日々、協働し合いながら和気あいあいとした雰囲気で患者さん一人ひとりに向き合っています。退院後の生活を見据えた地域の病院・施設との連携も積極的に行っており、顔の見える関係つくりを大切にしながらスタッフ一丸となって頑張っています。

看護師長 江頭 奈美

北3病棟

呼吸器内科、小児科の混合病棟です。
呼吸器内科では、主に肺炎、肺癌、気管支喘息、気胸、慢性呼吸不全などの患者さんを対象に、呼吸器療法、酸素療法、化学療法、腹膜癒着術などの治療を行っています。
また、診断に必要な気管支鏡や睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査も行っており、吸入指導など患者教育にも積極的に取組んでいます。
小児科では、主に感染症の治療を行っています。
常に多職種と連携しながら療養の支援を行っており、患者さんや家族には、慣れない環境の中でも安心して治療が受けられ、患者さんの気持ちに寄り添い、心温まる環境で看護ケアが提供できるようチームワークで実践しています。

看護師長 川﨑 知子

南4病棟

南4病棟は、53床の病床を有します。主に急性期・重症患者さんを24時間体制で受け入れ、早期治療・看護に取り組んでいます。診療科が多岐にわたりますが、多職種でチーム医療に取り組み患者中心の医療を提供しています。
当病棟の特徴でもある心臓リハビリテーションでは早期回復への支援、精神的支援、社会復帰支援を目指し、また、心臓病教室では再発予防のため、栄養指導、薬剤指導、生活指導、運動療法についての教育を行っています。
笑顔と優しさを忘れず、患者さんが一日も早く安心して退院できるよう支援に努めています。

看護師長 近藤 由美子

北4病棟

病床数45床の病棟です。周術期の看護を中心とした病棟です。
整形外科の主な疾患は変形性膝関節症や変形性股関節症、靭帯や半月板損傷、骨折全般。脳神経外科は血管内治療やクリッピング術や脳腫瘍摘出術、椎弓形成術などを積極的に行われています。
手術や検査など受けられる患者さん・ご家族の不安の軽減に努め、安心・安全な入院生活を提供できるように努めています。
コメディカルとの連携を図りながら支援を行い、心あたたまるケアの提供できるように日々取り組んでいます。

看護師長 出木岡 清美

5病棟(地域包括ケア病棟)

5病棟は地域包括ケア病棟です。地域包括ケア病とは、急性期治療を経過した患者さんを在宅や介護施設への復帰に向けた医療やリハビリ、在宅支援を行い、地域包括システムを支える役割を担う病棟です。当病棟では、看護師、介護福祉士、コメデカルが積極的に関わり多職種協働の退院指導支援が充分行われ、患者さんが住み慣れた地域でその人らしい暮らしが出来るよう援助目標としています。スタッフ一丸となり日々がんばっています。

看護師長 馬場 朝子

6病棟(回復期リハビリテーション)

回復期リハビリテーション病棟とは、身体機能の回復や日常生活で必要な動作の向上を図り、寝たきりの防止や家庭・職場への復帰を目的としたリハビリ専門の病棟です。主に大腿骨頚部骨折、脳血管疾患、頸部脊髄損傷など急性期治療を受けた後、低下した能力を再び獲得するために回復期に集中的なリハビリを提供していきます。
患者さんに関わる看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士、医療ソーシャルワーカーなどの職種によるミーティングを毎日実施し、入院前の生活に復帰できるように目標を全スタッフで共有し機能回復訓練に努めています。
リハビリテーションを効果的に行うためには、患者さんの意欲とご家族皆さんのご理解とご協力が不可欠です。後遺症を抱えた状態で退院される方も少なくありません。退院前に身体機能に合わせた生活環境の調整や退院後の生活に合わせた動作指導や家族指導を行い安心して退院できるさんに支援しています。

看護師長 田中 忍

リハビリテーション室はこちら

1日の流れ

6:00 起床 身支度をして小学生の子どもを送り出す
7:40 自宅を出る 保育園に子どもを預ける
8:.30 申し送り
9:00 ベッドサイドケア
12:30 昼食
13:30 バイタルサイン測定
17:00 申し送り
18:00 帰宅後、夕食の準備に取り掛かる
18:30 夕食
19:00 ビーチバレーの練習(週3回)
22:00 帰宅
22:30 子どもたちを寝かしつけた後、翌日の準備
00:00 就寝
[ON]について

最近は長女と長男が自転車に乗るようになったので、家族で熊本県山鹿市のサイクリングコースに行ったり、山登りをしたりしています。休みだからといって家にじっとしておけるタイプではなくて(笑)。平日も週3回はビーチバレーの練習に。本当だったらもっと家のことをしなくちゃいけないのでしょうけど、主人の理解と協力があるからこそ、仕事もプライベートも充実できています。主人には頭が上がりませんね。

新卒採用はこちら

中途採用はこちら

書類提出先・お問い合わせ先

〒836-8566 福岡県大牟田市天領町1丁目100番地
社会保険大牟田天領病院 担当:黒岩
TEL:(0944)54-8482
FAX:(0944)52-2351
Eメールからはこちら saiyo@omutatenryo-hp.jp