看護部
新着情報(看護部)
看護部長挨拶

ただいま準備中です。

看護部委員会

教育部門

【方針】

1. 看護・介護の質の向上を目指し、臨床看護・介護実践能力を段階制に育成する

2. 専門職としての役割を明確化し看護チームの一員として実践できる人材の育成

3. 看護・介護教育に関わる育成者の人材育成

 

業務部門

【方針】

1. 患者の安全を保障するケアの提供、実践している看護の証明ができる記録を通し看護の質を向上する

2. 患者・家族の意志を尊重しながら、入院時から退院後の療養がその人らしく生活できる支援を行う

3. ワークライフバランス支援に取り組み、健康で働くことのできる環境を構築するための業務改善を行う

4. 患者の視点に立ち、こころのこもったあたたかみのある質の高い看護・介護を提供する

 

広報部門

【方針】

1. 患者の視点に立ち「温かみのある」質の高い看護・介護を提供する

2. 効果的な情報発信を行い、地域医療及び看護に貢献する

3. 看護部職員に向けて看護部で活動内容の情報提供を定期的に行い可視化(見える化)し情報の共有化を図る

クリニカルラダーについて

当院看護部は、平成22年度よりクリニカルラダーを導入しました。クリニカルラダーは看護専門職者として自己学習を進める上で、以下のようなメリットがあります。

 

自分のレベルに合った研修を自己選択できる。

院内研修がレベル毎に計画されるので、同じレベルの経験・知識を持った受講者と一緒に学ぶ事ができます。

 

自分のペースで受講を計画できる。

クリニカルラダーは看護専門職としてステップアップしていく道しるべとなります。自分の目指す方向性や個人的な状況を含め長期展望をもって学習計画を決められます。

 

能力評価が評価者の個人的見解に左右されない。

クリニカルラダーは評価ツールです。クリニカルラダーを基準にして評価することにより、客観的な評価を受けることができます。

また各人が学んだ事を綴じていく個人ファイルを作成することで、ポートフォリオが学習に活かせるようにしています。 看護部はみんなの学習を支援し、共に学びながら看護サービスの質向上を目指していきたいと考えています。

 

クリニカルラダー職務像一覧はこちらより→

 

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

お使いのパソコンにインストールされていない場合は、左記のバナーをクリックしAdobe Readerをダウンロードしてから、PDFファイルをご覧下さい。

トピックス

ただいま準備中です。

勤務風景

ただいま準備中です。

福利厚生
青年部活動

30才までの未婚者を対象に、旅行や懇親会で親睦を深めたり、院内でボランティア活動を行ない、職場の活性化に努めています。


院内サークル

院内には様々なサークル活動があり、ゴルフ、野球、釣りなど楽しく休日を過ごしています。


職員旅行

年に数回、バス旅行があります。日頃の疲れを落として心も体もリフレッシュ。

 

託児室完備

託児室を完備し、産休・育休から復帰される方々をサポートしています。

有明地区看・看連携

有明地区看・看連携は、平成24年より、お互い顔が見える開かれた看護連携を図り、強み・弱みを共存でき、患者・家族にとって必要な情報提供とスムーズな連携をおこない地域の質向上を目的として有明地区看・看連携を立ち上げ、5年が過ぎました。

主な取り組みとしましては、年2回の代表者会議、専門・認定看護師、認定看護管理者交流会、専門・認定看護師によるオープンセミナー、看護施設マップなどの活動をおこなっています。平成26年から有明地区の看護将来を担う中堅看護師である主任(副師長)クラスの育成のために「主任・副師長看護管理者研修」を開催しており135名の主任さんが受講され自施設で活躍されています。

これらの企画運営は、西村一代(荒尾市民病院)、山田レイ子(ヨコクラ病院)、羽江和子(大牟田市立病院)、民門節夫(国立病院機構 大牟田病院)、今村信子(済生会大牟田病院)、江崎宣子(長田病院)の6人の看護部長と一緒におこなっています。

詳細については、ご連絡ください。