薬局
概要

私たち薬剤師はチーム医療の一員として「安心・安全な薬物療法の提供」を目標にしています。 今日、医薬品の開発により、治療薬の有効性と安全性を十分に考慮し、薬物療法を行うことが重要になってきました。 薬の専門職として、医師との協働を図り、医薬品の調整、供給、品質管理や医薬品情報の提供を行っています。

また、患者さん中心の薬学的ケアに取り組んでいます。 そのため薬剤師は各種学会での研究発表、研修会への参加などの自己研鑽をし、全員が生涯研修認定証の修得に努めています。

薬局長 竹下 祐介

所属職員数

薬剤師13名、薬品倉庫事務2名、調剤助手3名

業務紹介

(1)調剤業務

調剤室では処方されたお薬(散剤、錠剤、水剤、外用剤など)を調剤しています。処方せんの内容について、飲み方、飲み合わせ、日数などを複数の薬剤師で確認することにより、調剤ミスを防ぐよう努めています。1回に飲むお薬をひとまとめにするサービス(一包化)も行っています。また、お薬手帳の普及にも取り組んでいます。

(2)注射薬調剤業務

注射薬は薬品によっては同時に混ぜてしまうと、結晶化したり効果が無くなることがあります。この様なことがないように薬学的な目で、注射処方せんの2重チェックを行います。注射剤は飲み薬に比べ効果が直接出やすいため、取扱いについて、医師・看護師に注意を促し、患者さんごとにセットして払い出しています。

(3)IVH(高カロリー輸液)無菌調製と抗がん剤ミキシング

中心静脈へ注射するIVHの調製は感染への注意が必要です。そのため、薬剤師が無菌室に設置されたクリーンベンチ内で無菌調製を行います。また、取扱いが難しい抗がん剤の混注も注射調製室に設置された安全キャビネット内で調製を行います。正しい投与量・速度・投与スケジュールなどを鑑査し、安全な治療を支えます。

(4)持参薬管理業務

予定入院される患者さんには、入院当日の受付にて薬剤師による持参されたお薬の確認を行っています。初めに薬剤師が他院の薬との重複や相互作用の把握することで、入院中の薬物療法を安全に行います。また、普段使用しているお薬に対する不安や質問があればお答え致します。

(5)薬剤管理指導

入院患者さんに、安心してお薬を使用していただくためにお薬の説明を行っています。
また、使用しているお薬の飲み合わせや、年齢・腎機能状態などを精査し、患者さんにあった量をチェックして副作用の回避に努めます。また、指導スキルの向上のため症例検討会を月に一度行っています。

(6)DI業務(Drug information : 医薬品情報)

全ての医療スタッフ及び患者さんに最新のお薬の情報を提供するため医薬品情報収集活動を行っています。当院では特に、医療スタッフが最新の情報を閲覧しやすいように、院内LANを利用した医薬品情報提供システム「Pharmin(ふぁーみん)」を活用しており、院内のどこからでも情報を閲覧できるようになっています。

(7)TDM(Therapeutic drug monitoring : 治療薬物モニタリング)

お薬の体の中での動きを把握して、患者さんそれぞれに応じた個別のお薬の調節を行う業務(TDM)を実践しています。そのためには患者さんのお薬の血中濃度を測定する必要があります。当院では特に、自作のソフトウェア「BMs-Pod」を利用し、多くのお薬に関してTDMを活用して副作用を防ぎ、お薬の効果を最大限に引き出す様に努めています。

(8)病棟薬剤業務

病棟に専任の薬剤師を配置し、入院患者さんに安心・安全な医薬品の提供が出来るよう努めています。患者さんへのお薬の説明、与薬・注射状況の把握、副作用モニタリング、相互作用チェック等、多くの業務に携わっています。

また、カンファレンス・回診へも積極的に参加し、チーム医療の一員としての役割を果たせるよう取り組んでいます。

認定資格
スポーツファーマシスト 1名
実務実習指導薬剤師 2名
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師 9名
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 1名
漢方薬・生薬認定薬剤師 1名

topic

*薬剤師のための月刊情報誌「Pharma Tribune 2014年5月号」で当院薬剤部の薬局長の竹下が取材を受け、記事が掲載されました。     記事はこちら

その他の活動

*NST(栄養サポートチーム)、ICT(感染コントロールチーム)、褥瘡対策チームに参加し、薬学的サポートを行っています。

*当院で行われている糖尿病、腎臓病に関する教室ではお薬の指導を担当しています。

*カンファレンス、病棟回診に参加しています。

*当院では、薬学部の学生の実務実習受け入れを行っています。

 (平成28年度実績  T期 2名 U期 2名)