神経内科
概要

日本は高齢社会となり、脳神経系の病気が増加しています。

(1)日本人の三大死亡原因の一つである、脳卒中 

(2)難病に指定されているパーキンソン病

(3)アルツハイマー病などの認知症

(4)てんかん

(5)片頭痛などのポピュラーな病気

(6)神経系の変性疾患

 

等、広い範囲を担当しているのが神経内科です。

当院では神経病総合医療センター所長をはじめ、そのほか2名の医師で神経内科疾患の診療に当っています。診療面においては、専門待機制がとられており、脳卒中・てんかん・髄膜炎等の緊急疾患に対しては、専門の医師が24時間対応しています。特に、脳梗塞診療において血栓溶解療法(t-PA療法)などの超急性期治療から回復期リハビリテーションまで充実した医療を提供しています。

医師の紹介
専門分野
医師氏名
専門医・認定・所属学会等

神経内科

一般

神経病総合医療センター所長

荒木 淑郎

(あらき しゅくろう)

昭和27年卒

熊本大学名誉教授

・日本神経学会専門医

・日本内科学会認定医

・日本神経学会名誉会員

・日本内科学会名誉会員

・日本脳卒中学会名誉会員

・日本頭痛学会名誉会員

・American Academy of Neurology(Associate Member)

・American Neurological Association(Corresponding Member)

神経内科

一般

部長

岡本 定久

(おかもと さだひさ)

平成10年卒

・日本神経学会専門医・指導医

・日本内科学会認定医

・日本救急医学会専門医

神経内科

一般

医長

石原 大二郎

(いしはら だいじろう)

平成15年卒

・日本神経学会

・日本内科学会

外来診療のご案内
午前のみ
岡本

荒木

岡本

石原

津田

 

石原

 

高松

 

 

研修指定等

日本脳神経学会教育関連施設

日本脳卒中学会認定研修教育病院