ホーム > 診療科・部門案内 > 糖尿病・代謝内科

代謝内科
概要

糖尿病・代謝内科は、常勤医師1名、非常勤医師1名の診療体制となっております。

 

糖尿病、脂質異常症をはじめとする代謝性疾患や甲状腺、副甲状腺、間脳下垂体、副腎疾患等の内分泌疾患の診断と治療を行っています。当院糖尿病・代謝内科を訪れる患者様の大半は糖尿病患者様であります。糖尿病は今では国民病といってもいいほどの勢いで増加しており、大牟田市には少なく見積もっても9,000人程の糖尿病患者様が存在すると考えられます。 今後は、医師会の開業医の先生方との連携を更に緊密にすることにより、病診連携の強化のもと、さらに当院での専門性を高めていきたいと考えておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

日本糖尿病協会大牟田支部分会のむつごろう会という患者会で月1 回の患者教育活動を行っています。 

専門分野
医師氏名
専門医・認定・所属学会等
糖尿病・代謝内科

部長

後藤 秀生

(ごとう ひでお)

・日本内科学会認定医

・総合内科認定医

外来診療のご案内
午前のみ
後藤 後藤 川崎 後藤

後藤

(新患優先)

 

研修指定等

日本静脈経腸栄養学会「NST稼働施設」

日本栄養療法推進協議会「NST稼働施設」