平成27年度 社会保険大牟田天領病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 7 43 58 60 125 206 734 1058 939 230
退院患者数(年齢別)を表しています。
大牟田市は、65歳以上の人口が全体の34.4%(平成27年度)を占めており高齢化が進んでいます。
当院では、70歳代がトップで次に80歳代、60歳代となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 163 20.39 14.34 8.59% 76.21
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2ー4あり 46 18.57 13.38 - 71.78
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 40 31.95 20.63 7.50% 73.65
 呼吸器科で最も多い症例は肺炎での入院です。抗生剤の効きにくい菌も多くなってきており、感染コントロールチームと協力し抗生剤に対し耐性ができないよう注意しています。また、肺炎の起因菌では肺炎球菌が最も多く見られますので肺炎球菌ワクチンで肺炎の予防も行っています。
 症例数が2番目に多いのは肺癌の化学療法です。肺癌に対しては呼吸器外科と協力しながら診断治療を行っています。
 症例数が3番目に多いのは間質性肺炎の治療入院です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病名なし 34 4.41 4.51 - 75.65
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 19 14.05 7.91 - 66.16
060040xx99x40x 直腸肛門の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病名なし 18 3.22 5.51 - 77.33
 外科で最も多い症例は直腸癌の化学療法での入院です。3番目に多い症例も直腸癌の化学療法での入院です。2つに分かれている理由は、抗癌剤の種類が異なるためです。2番目に多い症例は結腸の憩室性疾患での入院です。
 この表にはDPC(診断群分類別点数表)から外れるため載っていませんが、大腸ポリープ切除術や鼠径ヘルニア手術での入院が多くなっています。(別表6診療科別主要手術別患者数等をご参照下さい。) 
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 98 48.03 27.21 2.04% 76.60
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む) 骨穿孔術等 47 47.21 31.72 2.13% 64.19
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 44 69.61 28.70 18.18% 83.11
 整形外科で最も多い症例は膝の変形性関節症に対する人工関節置換術での入院です。
 2番目に多い症例は、膝の変形性関節症や骨壊死等に対して人工関節を用いない手術の膝関節周辺骨切り術で、手術件数が飛躍的に増加しています。
 3番目に多い症例は、大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭挿入術での入院です。
※補足
 平均在院日数(自院)が平均在院日数(全国)と比べ長く見えるのは、DPC病棟からリハビリ目的にて転棟する地域包括ケア病棟や回復期リハビリ病棟の在院日数を含めて算出しているためです。
 DPC算定病床のみの在院日数は、膝関節症(変形性を含む)人工関節再置換術等 21.42日、膝関節症(変形性を含む)骨穿孔術等 21.21日、股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 23.23日です 。
  
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし 59 53.54 15.80 8.47% 74.98
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし 43 39.81 19.00 4.65% 73.21
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 18 5.72 5.31 - 65.11
 神経内科で最も多い症例は脳梗塞での治療入院です。当院の特徴としては、急性期から回復期病棟~自宅退院まで一貫して治療継続が可能です。リハビリテーションも充実しており、入院後から理学療法士、作業療法士、言語療法士による早期リハビリが可能です。
 2番目に多い症例はパーキンソン病での入院です。
 3番目に多い症例はめまいでの入院です。
※補足
神経内科では、平成27年度の疾患別入院患者数は脳梗塞 105人、パーキンソン病 53人、めまい 25人、てんかん 14人、脳脊髄の感染を伴う炎症 12人、自律神経系の障害 8人、一過性脳虚血発作 8人、免疫介在性・炎症性ニューロパチー 5人、その他96人です。
(※上記表は細かく分かれたDPC14桁分類の為、実際の病名別患者数より少なく表記されています。)

 脳梗塞、パーキンソン病の平均在院日数(自院)が平均在院日数(全国)と比べ長く見えるのは、DPC病棟を転棟し地域包括ケアや回復期リハビリ病棟の入院日数を含めて算出しているためです。DPC算定病床のみの在院日数は脳梗塞が17.00日、パーキンソン病が18.09日です。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 11 14.09 9.53 - 72.73
12002xxx99x00x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし - - 9.21 - -
120110xx97xxxx 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 その他の手術あり - - 12.43 - -
 産婦人科で最も多い症例は子宮脱の手術入院です。特に、高齢婦人の子宮脱に対しては最新の手術であるTVM手術を行っています。
 2番目に多い症例は子宮頸・体部に悪性腫瘍での入院です。
 3番目に多い症例は子宮・子宮附属器の炎症性疾患です。
(病院情報の公開ルールに基づき、10症例以下の患者数はハイフン表示しています。)
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし 100 31.01 18.30 14.00% 83.89
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1ーなし、1.2あり 手術・処置等2なし 77 8.30 4.87 - 72.16
050050xx99100x 狭心症、慢性2なし 副傷病名なし 53 3.98 3.07 3.77% 72.43
 循環器科で最も多い症例は心不全の治療入院です。
 2番目は狭心症の経皮的手術(ステント留置術等)です。
 3番目は狭心症の心臓カテーテル検査入院です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 20 3.35 3.02 - 72.70
010070xx97x00x 脳血管障害 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病名なし 17 17.35 12.14 5.88% 74.24
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 10 2.90 3.15 - 66.10
 脳神経外科で最も多い症例は脳血管疾患の血管造影検査入院です。
 2番目に多い症例は内頚動脈狭窄症に対する頚動脈ステント留置術での入院です。頚動脈狭窄症に対しカテーテルを狭窄部まで到達させ、狭窄部をステントにて拡張する手術です。
 3番目に多い症例は未破裂脳動脈瘤の血管造影検査です。
代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 36 23.78 15.35 - 63.69
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) - - 14.30 - -
100040xxxxx01x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病名あり - - 26.21 - -
 代謝内科で最も多い症例は糖尿病の治療入院です。代謝内科を訪れる患者さんの大半は糖尿病です。糖尿病の患者さんは依然として増加傾向であり、高齢化社会の進行に加え新薬も次々に開発されており、治療法も多彩になってきています。
 2番目は1型糖尿病での入院です。
 3番目は糖尿病性ケトアシドーシスでの入院です。
(病院情報の公開ルールに基づき、10症例以下の患者数はハイフン表示しています。)
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 37 2.05 3.40 - 73.65
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし 13 38.62 13.64 30.77% 76.85
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 8.36 5.31 - 69.27
 腎臓内科で最も多い症例はシャント狭窄・閉塞での手術入院です。シャントトラブルに対してはPTAと手術の2つの方法で対処しています。
 2番目に多い症例は慢性腎不全等の治療入院です。
 3番目に多い症例はめまいの治療入院です。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 24 15.21 13.03 - 69.08
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2ー4あり 17 12.06 13.38 - 67.18
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病名なし - - 9.68 - -
 呼吸器外科で最も多い症例は肺がんの手術入院です。最近では、胸腔鏡補助下に手術を行うことで、背中のきずの大きさを約7~8cmに短縮、胸壁の筋肉を温存することが出来る様になりました。この小さい開胸は、疼痛が少なく、回復も早いと言われています。
 2番目に多い症例は肺がんの化学療法での入院です。
 3番目に多い症例は気胸の手術入院です。
(病院情報の公開ルールに基づき、10症例以下の患者数はハイフン表示しています。)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 5 6 9 18 3 2 第7版
大腸癌 5 10 34 79 6 2 第7版
乳癌 - 15 - 4 - 5 第7版
肺癌 28 25 43 48 13 9 第7版
肝癌 1 3 - 1 2 7 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
初発の5大癌のUICC病期分類並びに再発の延患者数を示してします。
StageⅠが進行度が低く、StageⅣが最も進行した病期を表します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 24 10.08 55.46
重症度 1 37 20.70 81.22
重症度 2 27 21.41 83.04
重症度 3 9 38.56 88.22
重症度 4 1 50.00 87.00
重症度 5 - - -
不明 1 21.00 77.00
成人の市中肺炎の重症度と平均在院日数、平均年齢を示しています。
重症度が上がるほど在院日数が伸びる傾向が見て取れます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 91 60.15 76.96 24.18%
その他 28 70.89 79.11 10.71%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 41 11.46 74.20 2.44%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
原因別に区別した患者数、平均在院日数、平均年齢等を示したものです。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 146 0.71 1.31 - 66.88
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 25 3.08 5.84 4.00% 67.16
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 19 8.63 11.37 - 76.00
診療科別主要手術トップ3とその術前、術後日数を示しています。
外科では、大腸ポリープに対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の症例数が最も多くなっています。ポリペクトミー目的の1泊2日入院が典型的な症例です。
2番目に多いのは、鼠径ヘルニアの手術です。鼠径部に発生するヘルニアで、外鼠径ヘルニアと内鼠径ヘルニアがあり、最も頻度の高いヘルニアです。
3番目に多いのは、胆道疾患や膵臓疾患に対して行われる手術である内視鏡的胆道ステント留置術です。これは様々な病態で狭窄した胆道にチューブを通して拡張し、胆汁の流れを良くする手術です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 109 1.80 45.29 1.83% 76.41
K0542 骨切り術(下腿) 47 2.06 43.83 2.13% 63.87
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 27 1.44 9.48 - 55.93
整形外科では、膝の変形性関節症や関節リウマチ、骨壊死等の人工関節置換術の症例数が最も多くなっています。
2番目に多いのは、膝の変形性関節症や骨壊死等に対して人工関節を用いない手術の膝関節周辺骨切り術で、手術件数が飛躍的に増加しています。
3番目に多いのは骨内異物(挿入物を含む)除去術です。手術で内副子(ねじ,プレート,髄内釘など)固定を行ったのち、骨癒合が完成してから、内副子の抜去を行う手術です。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K802-21 膀胱脱手術(メッシュを使用するもの) 11 1.09 12.00 - 72.73
K863-3 子宮鏡下子宮内膜焼灼術 - - - - -
K848 バルトリン腺嚢胞腫瘍摘出術(造袋術を含む) - - - - -
産婦人科で最も多い症例は子宮脱の手術入院です。特に、高齢婦人の子宮脱に対しては最新の手術であるTVM手術を行っています。
2番目に多いのは、子宮鏡下子宮内膜焼灼術です。
3番目に多いのは、バルトリン腺嚢胞腫瘍摘出術(造袋術を含む)です。
(病院情報の公開ルールに基づき、10症例以下の患者数はハイフン表示しています。)
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 80 4.48 5.85 2.50% 72.86
K5972 ペースメーカー移植術(径静脈電極の場合) 22 8.18 16.77 9.09% 80.86
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 13 5.62 7.54 - 72.31
循環器科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術と経皮的冠動脈形成術といった心臓カテーテル治療の症例数が多くなっています。失神などの症状を伴う完全房室ブロックや洞不全症候群など徐脈性不整脈の患者に人工ペースメーカーを体内に植え込む手術も多くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K609-2 経皮的頚動脈ステント留置術 22 5.09 23.55 9.09% 74.64
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む)(椎弓形成) - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
脳神経外科では、経皮的頚動脈ステント留置術の症例数が最も多くなっています。頚動脈狭窄症に対しカテーテルを狭窄部まで到達させ、狭窄部をステントにて拡張する手術です。
2番目に多いのは、脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む)(椎弓形成)です。
3番目に多いのは、脳血管内手術(1箇所)です。
(病院情報の公開ルールに基づき、10症例以下の患者数はハイフン表示しています。)
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 36 1.31 1.67 2.78% 73.75
K610-3 内シャント設置術 14 11.07 14.07 - 64.79
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -
腎臓内科で最も多い症例はシャント狭窄・閉塞での手術入院です。シャントトラブルに対してはPTAと手術の2つの方法で対処しています。
2番目に多いのは、内シャント設置術です。
3番目に多いのは、内シャント血栓除去術です。シャント造設後、血栓によりシャント血流が閉塞した場合に行う手術です。
(病院情報の公開ルールに基づき、10症例以下の患者数はハイフン表示しています。)
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 16 0.44 14.38 - 69.94
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術) - - - - -
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) - - - - -
呼吸器外科では、肺がんの胸腔鏡下による手術が最も多くなっています。胸腔鏡手術の利点は低侵襲であること、術後の疼痛が少ないため早期回復が期待できること、入院日数の短縮、早期社会復帰が可能であることなどです。自然気胸や肺良性腫瘍に対する胸腔鏡下手術も多く行われています。
(病院情報の公開ルールに基づき、10症例以下の患者数はハイフン表示しています。)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.03%
異なる 4 0.12%
180010 敗血症 同一 11 0.32%
異なる 6 0.17%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 49 1.42%
異なる 1 0.03%
この表に示す4つのDPCコードは、アップコーディングなど不適切なコーディングとみなされる確率が高いものです。しかし、播種性血管内凝固症候群や敗血症は重症な症例を取り扱う急性期医療機関ではその治療を行っています。これらのDPCコードが全くないとすれば重症な症例を取り扱っている医療機関としては不自然ですし、多すぎることも問題になります。入院契機と請求コードが異なるものは、入院中に基礎となる疾患が重症化したものが多く含まれています。播種性血管内凝固症候群は全体で5人(0.14%)と少なく、敗血症は17人(0.49%)であり妥当な水準と考えています。手術・処置等の合併症の発症率はやや高めですが、多くは入院契機病名となっており問題はないと考えています。
更新履歴
2016/9/14
「病院情報の公表」における病院指標を公開しました。
2016/10/05
2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)に診療科別説明文を追加しました。
6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)に診療科別説明文を追加しました。