ホーム > 病院の案内 > 病院沿革
病院沿革

明治22年三池炭坑の創業とともに、大牟田市山の上町において診療を開始。その後、坑口の開業にともない、各抗口近隣および集団住宅に逐次、分院・診療所を開設し、昭和20年には病床数200床を有するまでに至る。
昭和20年戦災により、山の上本院の施設の大半を消失したため、昭和23年現在地に天領分院を開設し、本院の移転事業に着手。

明治22年(1889)

三池炭鉱の創業開始とともに、山上町で診療を開始

昭和27年(1952)

本院を現在地の天領町に移設
昭和32年(1957) 総合病院
昭和50年(1975) 440床に増床(一般366床、結核74床)
外科病棟(現B棟)新築
昭和56年(1981)

分院、診療所を全廃

昭和57年(1982) 一般開放
昭和62年(1987) 人工透析室、リハビリテーション室開設
平成4 年(1992) 病院本館(現A棟)新築
平成12年(2000) 結核病床74床を廃止し、一般病床366床のみとなる
平成14年(2002) 病院経営を三井鉱山(株)から(財)福岡県社会保険医療協会へ移管
平成15年(2003) 回復期リハビリテーション病棟開設(40床)
平成16年(2004) 協力型臨床研修病院指定
平成17年(2005) ケアプランセンター(居宅介護支援)・デイケアセンター開設(通所リハビリテーション)
透析センター棟開設
平成19年(2007) 一般病棟7対1入院基本料算定開始
平成21年(2009) (財)日本医療機能評価機構認定取得(Ver.5.0 審査体制区分3)DPC対象病院となる