病院長挨拶・幹部紹介

病院長挨拶

社会保険大牟田天領病院 病院長

興梠 博次

新型コロナウイルス感染が減少してきました。

予防対策は継続しましょう!!

                              2021年10月

 

新型コロナウイルス感染の第五波も落ち着きつつあり、10月から緊急事態宣言も解

除され心に安らぎを感じます。

今年も夏の長雨、天候不順、新型コロナウイルス感染拡大でご苦労のことと拝察申し

上げます。これまで経験のない環境の変化にもめげず頑張っておられることに敬意を

表します。幸いなことに大牟田天領病院では新型コロナウイルス感染のクラスター

も発生せずに診療を継続できています。これもひとえに患者様とご家族の皆様の予防

対策へのご協力のおかげと感謝申し上げます。

今後、新型コロナウイルスのワクチン接種が11月末までに日本全国に行き渡ること

から、感染の拡大はなくなり、かつ、重症例が激減することが予測されます。また、

12月以降には、3回目のワクチン接種が高齢者、重篤な疾患を持っておられる患者

様、そして医療従事者を対象に始められます。よって、感染の可能性はより少なくな

り、もし、感染しても重症化する可能性は少なくなります。

新型コロナウイルス感染の治療として、抗体カクテル療法が採用され、また、もう一

つの抗体療法も承認されました。さらに、内服薬による治療薬も開発されていますの

で、安心と安全が確保されることになります。しかしながら、予防対策は継続してい

きましよう!!

大牟田天領病院は、職員全員による「患者中心の総合的チーム医療」の実践を継続し

ています。患者様の健康づくりに全力を尽くすために、医師、看護師、技師、事務な

ど、全ての職種が協力をしあって、能力と技能を最大限に発揮して患者様・ご家族の

皆様に貢献するように努力をしています。さらには、救急隊、地域の医療施設と連携

して、皆様に安心できる診療を提供する所存です。

大牟田天領病院は、患者様の尊厳を守り、「患者中心の総合的チーム医療」を進化さ

せ、皆様と共に困難を乗り越えていきます。大牟田天領病院をお気軽にご利用くださ

い。

経歴 専門分野: 呼吸器内科一般
卒業年度:昭和52年卒
その他:熊本大学名誉教授
資格 ・日本内科学会認定医、指導医
・日本呼吸器学会専門医、指導医、功労会員
・日本アレルギー学会、 功労会員
・日本癌学会
・日本肺癌学会
・日本感染症学会
・日本呼吸器内視鏡学会
・日本炎症・再生医学会
・日本アレルギー協会九州支部評議員
・American Thoracic Society
・European Respiratory Society
・ベストドクター(2010年~)

幹部紹介