病院長挨拶・幹部紹介

病院長挨拶

社会保険大牟田天領病院 病院長

興梠 博次

常に学び、技術を向上させ、
患者・家族、住民の皆さまに寄り添って貢献いたします。

大牟田天領病院に病院長として就任し2年目に入りました。この1年間、本院の理念である、「患者中心の医療、医療の質の向上、地域社会にあった手づくりの医療、安心と信頼を持たれる病院づくり」、を求めて職員全員で努力をしてまいりました。皆様から魅力ある病院に進化したと少しでも評価いただけましたらうれしく思います。そして、これらの診療を介して地域の皆様や医師会、医療施設の皆様と知り合いになれましたことに感謝申し上げます。

 大牟田天領病院の今年度の目標を「患者中心のチーム医療」にしました。職員全員で患者様のため、地域のために全力を尽くします。これまで、地域のために救急医療に少しでも貢献し、また、紹介された患者様をスムーズに受け入れる努力をしながら、循環器内科診療を再開致しました。今後、専門分野をさらに進化させるとともに、多くの疾患が重なっている重症患者様には診療科を越えた総合的な診療を提供します。幸いに本院には、救急医療や集中治療を経験している医師が多くなったために「集中治療チーム」を組織して診療にあたります。

 大牟田天領病院は、明治22年(1889年)に三井大牟田病院として創立され、平成14年に社会保険大牟田天領病院と名称が変更になりました。これまで地域の皆様とともに129年間歩んできています。皆様のご家族には先祖代々お付き合いをいただいていることになります。このような伝統の中に、「患者中心のチーム医療」を目標にして、さらなる皆様の安心と信頼を得るため、全職員が一丸となり、医療の質を向上させ、患者中心のチーム医療を実施していきます。今後も常に学び、技術を向上させ、患者・家族、住民の尊厳を守り、皆様に寄り添って貢献いたします。そして創立130年記念を目指して、皆様のための素晴らしい病院づくりを致しますので、どうぞよろしくお願い致します。

経歴 専門分野: 呼吸器内科一般
卒業年度:昭和52年卒
その他:熊本大学名誉教授
資格 ・日本内科学会認定医、指導医
・日本呼吸器学会専門医、指導医、功労会員
・日本アレルギー学会、 功労会員
・日本癌学会
・日本肺癌学会
・日本感染症学会
・日本呼吸器内視鏡学会
・日本炎症・再生医学会
・日本アレルギー協会九州支部評議員
・American Thoracic Society
・European Respiratory Society
・ベストドクター(2010年~)

幹部紹介

副院長

久保田 健治