外科・消化器外科

消化器外科や乳腺、甲状腺等の内分泌外科、小児ヘルニア等の診療を行っています。癌などの悪性疾患を診療の中心として「治す事の出来る段階で発見し、出来るだけ侵襲の少ない治療法で確実に治療し、厳重なフォローを行う」事を目標にしています。患者様一人ひとりにベストなオーダーメイドの治療を目指し、腹腔鏡を使った鏡視下手術にも力を入れています。

また、切除した臓器の病理組織標本の作製を自ら行い、検討会を開き、次の治療へのステップとしています。上部・下部消化管、肝臓、すい臓など消化器全般にわたり、外来での診断から病棟での治療までを、内科的外科的両面からのアプローチによって、「治すことのできる段階で発見し、できるだけ侵襲の少ない治療法で確実に治し、確実なフォローを行う」診療を目指しています。

スタッフは外科医2名で、24時間診療応需体制を確立していますので、いつでもご利用頂きますようお願いします。

スタッフ紹介

診療部長兼
病理診断科部長

柴田 雄司

専門分野 外科・消化器外科
専門医・認定・
所属学会等
・日本外科学会専門医
・検診マンモグラフィ読影医師認定
・日本消化器外科学会
・日本食道学会
・日本膵臓学会
・臨床研修指導医

外科部長

松村 富二夫

専門分野 外科・消化器外科
専門医・認定・
所属学会等
・日本外科学会認定医、専門医、
 指導医
・日本消化器内視鏡学会専門医、
 指導医
・日本消化器外科学会専門医
・消化器がん外科治療認定医
・日本消化器病学会専門医
・日本肝臓学会専門医
・日本感染症学会感染管理医師
・日本癌治療学会癌治療認定医
・麻酔科標榜医
・検診マンモグラフィー読影認定医
・身体障害者福祉法指定医

 

消化器外科部長

橋本 大輔

専門分野 外科・消化器外科
専門医・認定・
所属学会等
・日本外科学会認定医、専門医、
 指導医
・日本消化器外科学会専門医、指導医
・日本消化器外科学会消化器がん
 外科治療認定医
・日本肝胆膵外科学会肝胆膵外科高度
 技能専門医、評議員
・日本がん治療認定医機構がん治療
 認定医
・日本消化器癌発生学会評議員
・日本消化器病学会専門医
・Fellow of American College of
 Surgeons
・九州外科学会評議員
・日本消化器病 学会九州支部評議員
実績 ・胆膵外科について
・症例のご紹介

 

消化器外科部長

大川 尚臣

専門分野 外科・消化器外科
専門医・認定・
所属学会等
取得専門医
・日本外科学会指導医、専門医
・日本消化器外科学会指導医、専門医
・消化器がん外科治療認定医
・日本大腸肛門病学会指導医、専門医
・日本消化器内視鏡学会専門医
その他所属学会
・日本臨床肛門病学会
・日本臨床外科学会
・日本内視鏡外科学会
・日本胆道学会
・日本消化器病 学会

膵臓がん

膵臓

疫学とリスク因子

膵臓がんは進行が速く、治療が難しいがんのひとつです。
当科には日本肝胆膵外科学会高度技能専門医が在籍しており専門的な治療を行っています。
部位別のがんの死亡率では第4位、死亡者数は約32000人と年々増加傾向にあります。
膵臓がんを発症しやすいリスク因子としては、以下のものがあげられます。

  • ・ご家族に膵臓がんの方がいる場合
  • ・新たに糖尿病になった、または治療中の糖尿病が悪化した場合
  • ・慢性膵炎のかた
  • ・膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN:下記に解説)
  • ・膵嚢胞があると言われたかた
  • ・塩素化炭化水素暴露にかかわる職業
  • 当科ではこれらにあてはまる方々は、定期的に膵臓がんの検査を受けるようお勧めしています。

診断

CT

PET-CT

血管3D-CT

当科では膵がんを疑う症例にはMDCT(Multi Detector-row CT)、造影MRI(EOB-MRI)、PET-CTや審査腹腔鏡により局所の進行度や遠隔転移の有無を診断しています。また、腹腔内血管の3DCT像を構築して、正確で安全な手術を行うための情報として役立てています。必要に応じて超音波内視鏡下生検で正確な組織診断を行います。

集学的治療

近年、新しい抗がん剤治療の出現や診断技術、手術手技の改善で徐々に治療の道が開けてきました。2016年には新しい診療ガイドラインも発刊されました。重要血管に浸潤がある局所進行がんの場合、また肝転移や腹膜播種などの遠隔転移を認める場合は、抗がん剤治療を行います。当科ではFOLFIRINOX療法(オキサリプラチン、イリノテカン、フルオロウラシル、レボホリナートカルシウム)やゲムシタビン+ナブパクリタキセル療法など、いずれも最新のガイドラインで第一選択の治療を行います。近年では進行がんで切除不能と診断された方が、このような抗がん剤治療で腫瘍が縮小し切除可能となった症例の報告も増えており、我々も経験しています。

このような抗がん剤治療の発達から切除可能な症例、特に門脈浸潤を認めるなどのBorderline resectable (切除境界)膵がんに対しては、術前抗がん剤治療の有効性の検証が全世界的に行われています。
今後、このような治療が標準治療となっていく可能性があります。また術後補助抗がん剤治療については、臨床試験の結果からS-1単独療法を半年間行うことが推奨されております。

腫瘍径28mm

抗がん剤治療
(ゲムシタビン+ナブパクリタキセル)

腫瘍径17mm

手術の工夫

膵がんに対しては膵頭十二指腸切除術または膵体尾部切除術、場合によっては膵全摘術を行います。これまで私たちは膵消化管吻合法をはじめとした様々な手術術式を改善してきました。術後膵液瘻、創感染、術後静脈血栓症などについては前向きに症例を蓄積し改善した成績を論文発表してきました。

このような手術成績の向上を背景に、局所進行がん、特に門脈への浸潤を伴う膵頭部がんに対しては、門脈合併切除および門脈の再建を行っています。進行した膵体尾部がんに対しては腹腔動脈合併切除術(DP-CAR)を行います。近年は膵切除術後の残膵に新たな膵がんを発症したいわゆる残膵がん症例に対しても、残膵全摘術を行い良好な成績を収めています。

その他の膵腫瘍

膵臓がん以外にも、膵臓にはその他の腫瘍が発生することがあります。それらの「低悪性度腫瘍」に対しては、腹腔鏡下膵切除手術が行うことが徐々に増えています。

膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm, IPMN)

膵臓にできる嚢胞(のうほう)性腫瘍の中で最も頻度が高く代表的なものです。嚢胞とは内部に液体を貯めた袋状のものです。IPMNの内部には粘液が貯留しています。IPMNには膵臓がんが発生しやすく、大きさが3㎝を超えるもの、嚢胞内に結節(かたまり)を認めるもの、主膵管型または混合型というタイプのものは特に膵臓切除手術が必要です。

膵神経内分泌腫瘍(pancreatic neuroendocrine tumor, PNET)

膵臓の内分泌細胞細胞(ホルモンを作る細胞)から発生する腫瘍です。ホルモン症状があるものを機能性、 ないものを非機能性と呼びます。機能性のものには、インスリノーマ、ガストリノーマ、カルチノイド腫瘍などがあります。進行は比較的穏やかですが、急激に進行するものもあり、注意が必要です。治療は膵臓切除手術を行いますが、肝臓などに転移した場合はエベロリムス、スニチニブなどの分子標的治療を中心とした薬物治療を行います。

そのほかの腫瘍

粘液性嚢胞腫瘍(mucinous cystic neoplasm, MCN)、膵漿液性嚢胞腫瘍(serous cystic neoplasm, SCN)、Solid Pseudopapillary Tumor(SPT)などの腫瘍が発生することがあり、必要に応じて手術を中心とした治療を行います。

胆道がん
疫学とリスク因子

胆道がんも同様に治療が難しく、近年は社会的な関心も高まっています。胆道がんは胆管がん、胆のうがん、乳頭部がんに分類されます。死亡者数は約23000人です。リスク因子としては膵胆管合流異常症という先天性疾患や原発性硬化性胆管炎などが知られていますが、胆道がんの大部分のかたはこれらに該当しません。近年では印刷工場に勤務していた方に胆道がんが多発し問題となりました。当科では膵臓がん同様、最新のガイドラインにのっとって治療を行っています。

診断

膵臓がん同様CTやMRIを中心に検査を行います。また内視鏡的逆行性胆管膵管造影(endoscopic retrograde cholangiopancreatography, ERCP)を行い、胆管の生検や細胞診を行って確定診断を得ます。また、PET-CT検査も有用です

治療

肝門部領域胆管がんでは、胆管切除に加えて肝切除が必要です。遠位胆管がん、十二指腸乳頭部がんでは、膵頭十二指腸切除術を行います。胆のうがんでは、胆のうと肝臓の一部を合併切除します。広範囲胆管がんに対しては、肝切除+膵頭十二指腸切除を行っています。がんの浸潤範囲がさらに広い非切除症例や、肝転移など遠隔転移を伴う症例に対しては、ガイドラインで第一選択として推奨されているゲムシタビン+シスプラチンによる抗がん剤治療を行います。

肝臓がん

肝臓がんには、肝細胞ががん化する肝細胞がんと、胆汁を十二指腸に流す胆管細胞ががん化する肝内胆管がんがあり、そのうち肝細胞がんが約90%をしめています。
肝細胞がんの全体の約75%が肝炎ウイルスの持続感染が原因です。C型とB型の2種類が肝細胞がんの原因となりますので、これらの肝炎ウイルスに感染している方は定期的な肝臓がんの検査が必要です。肝臓がんの標準治療には主に、がんを切除する肝切除手術、ラジオ波焼灼療法やエタノール注入療法といった局所療法、肝動脈塞栓療法の3種類があります。がんの状態や肝機能から治療方法を選択します。 肝内胆管がんも同様に肝切除術を中心に治療を行いますが、手術が適当でない場合は胆道がん同様ゲムシタビン+シスプラチンによる抗がん剤治療を行います。
またこれらとは別に、他のがんから肝臓に転移した転移性肝臓がんがあります。転移性肝臓がんの治療は、原発巣がどこであったかで大きく異なります。抗がん剤治療を行うことは共通していますが、たとえば大腸がんや膵神経内分泌腫瘍からの転移であれば肝切除をすることもあります。

胆石症、総胆管結石

胆道に結石ができる病気を総称して胆石症と呼び、結石ができる場所によって、肝内結石、胆管結石(肝外胆管にできた結石)、胆嚢結石に分類されます。日本人の胆石保有率は年々増加しており、現在では日本人成人の10人に1人は胆石をもっているとされています。
胆石に伴う何らかの症状がある方は治療の適応となります。無症状の方でも、①胆嚢の壁が厚くなっている、②胆嚢が萎縮している、③胆嚢内の大きな結石や多数の結石のため腹部超音波検査で胆嚢の壁を正確に評価することができない、④胆嚢の壁が全体に石灰化しているなどの所見が認められる場合は治療の対象となります。治療は、創(きず)が小さくて術後の痛みが少ない腹腔鏡下胆嚢摘除術を行います。炎症が強い場合は、開腹手術を行うこともあります。
胆管結石は、たとえ無症状でも将来的に重症の急性胆管炎や急性膵炎を起こす危険性があるため、原則として治療の対象になります。主に内視鏡で結石を除去しますが、困難な場合は手術を行うこともあります。

急性膵炎、慢性膵炎

膵臓は、蛋白分解酵素をはじめとして、食べ物を消化・分解するいろいろな酵素を産生し、分泌しています。急性膵炎は、いろいろな原因で活性化された膵酵素によって自分の膵臓が消化されてしまい、膵臓やその他の主要な臓器に炎症と障害が引き起こされる病気です。胆石や飲酒が原因となります。短期間で軽快する軽症から、多臓器不全で死に至る重症(重症急性膵炎)まで、さまざまなケースがあります。十分な輸液の投与などを中心に治療をします。

 慢性膵炎は継続的なアルコールの多飲などによって、膵臓に持続性の炎症が起こり、膵臓の細胞が破壊される病気です。生活習慣の改善を中心に治療を行いますが、急性増悪した場合は入院治療が必要です。

 急性膵炎、慢性膵炎とも仮性膵嚢胞、腹腔内の出血や膿瘍を形成することがあり、穿刺ドレナージや外科手術が必要になる場合があります。

日本肝胆膵外科学会高度技能専門医

肝胆膵外科手術は、消化器外科手術の中で特に難易度が高いと言われています。これらの手術を安全にかつ確実に行うことを目的として、日本肝胆膵外科学会が認定する資格が高度技能専門医です。手術実績やその他の書類審査の後、手術ビデオを学会が審査し合格すると認定されます。2017年までに日本全体で222名が合格しています。当科には高度技能専門医が在籍しており専門的な治療を行っています。

最近の論文業績(主要な20本)

  1. 1.Hashimoto D, Chikamoto A, Masuda T, Nakagawa S, Imai K, Yamashita Y, Reber HA, Baba H. Pancreatic cancer arising from the remnant pancreas: is it a local recurrence or new primary lesion? Pancreas 2017 Oct;46(9):1083-1090.
  2. 2.Hashimoto D, Nakagawa S, Umezaki N, Yamao T, Kitano Y, Yamamura K, Kaida T, Arima K, Imai K, Yamashita Y, Chikamoto A, Baba H. Efficacy and safety of postoperative anticoagulation prophylaxis with enoxaparin in patients undergoing pancreatic surgery: a prospective trial and literature review. Pancreatol 2017 May - Jun;17(3):464-470.
  3. 3.Yamamura K, Hashimoto D, Kitano Y, Kuroda D, Eto T, Arima K, Kaida T, Miyata T, Nakagawa S, Imai K, Yamashita Y, Chikamoto A, Matsumura F, Baba H. Multiple primary cancers in patients with pancreatic cancer. Am Surg (in press)
  4. 4.Umezaki N, Hashimoto D, Nakagawa S, Kitano Y, Yamamura K, Chikamoto A, Matsumura F, Baba H. Number of acinar cells at the pancreatic stump predicts pancreatic fistula after pancreaticoduodenectomy. Surg Today 2018 Mar 24. [Epub ahead of print]
  5. 5.Hashimoto D, Chikamoto A, Harimoto N, Ikegami T, Uchiyama H, Yoshizumi T, Baba H, Maehara Y. A comparative study on the complications of conventional and end-to-side inserting pancreatojejunostomy after pancreaticoduodenectomy Surg Today 2017 Feb;47(2):238-244.
  6. 6.Okabe H, Hashimoto D, Chikamoto A, Yoshida M, Taki K, Kota A, Imai K, Tamura Y, Ikeda O, Ishiko T, Uchiyama H, Ikegami T, Harimoto N, Itoh S, Yamashita Y, Yoshizumi T, Beppu T, Yamashita Y, Baba H, Maehara Y. Shape and enhancement characteristics of pancreatic neuroendocrine tumor on preoperative contrast-enhanced computed tomography may be prognostic indicators. Ann Surg Oncol 2017 May;24(5):1399-1405.
  7. 7.Taki K, Hashimoto D, Takeyama H, Inoue R, Arima K, Kaida T, Higashi T, Sakamoto K, Ohmuraya M, Sakata K, Okabe H, Nitta H, Hayashi H, Chikamoto A, Beppu T, Baba H. The significance of lymph node metastasis in pancreatic neuroendocrine tumor. Surg Today 2017 47(9):1104-1110.
  8. 8.Hashimoto D, Chikamoto A, Taki K, Arima K, Yamashita Y, Ohmuraya M, Hirota M, Baba H. Residual total pancreatectomy: short- and long-term outcome Pancreatol 2016 Jul;16(4):646-51.
  9. 9.Hashimoto D, Chikamoto A, Arima K, Taki T, Inoue R, Imai K, Yamashita Y, Baba H. Unused sterile instruments for closure prevents wound SSI after pancreatic surgery. J Surg Res 2016 Sep;205(1):38-42.
  10. 10.Hashimoto D, Arima K, Yokoyama N, Chikamoto A, Taki T, Inoue R, Kaida T, Higashi T, Nitta H, Ohmuraya M, Hirota M, Beppu T, Baba H. Heterogeneity of KRAS mutations in pancreatic ductal adenocarcinoma Pancreas 2016 Sep;45(8):1111-4.
  11. 11.Hashimoto D, Arima K, Chikamoto A, Taki K, Inoue R, Kaida T, Higashi T, Imai K, Beppu T, Baba H. Limited resection of the duodenum for non-ampullary duodenal tumors, with review of the literature. Am Surg 2016 Nov;82(11):1126-1132.
  12. 12.Yamaue H, Shimizu H, Hagiwara S, Sho M, Yanagimoto H, Nakamori S, Okusaka T, Ishii H, Kitano M, Sugimori K, Maguchi H, Ohkawa S, Imaoka H, Hashimoto D, Ueda K, Nebiki H, Nagakawa T, Isayama H, Yokota I, Ohashi Y, Shirasaka T. Multicenter, Randomized, Open-label Phase II Study Comparing S-1 Alternate-day Oral Therapy with the Standard Daily Regimen as a First-line Treatment in Patients with Unresectable Advanced Pancreatic Cancer Cancer Chemotherapy and Pharmacology 2017 Mar 1. doi: 10.1007/s00280-017-3250-8. [Epub ahead of print]
  13. 13.Sakata K, Araki K, Nakano H, Nishina T, Komazawa-Sakon S, Murai S, Lee GE, Hashimoto D, Suzuki C, Uchiyama Y, Notohara K, Gukovskaya AS, Gukovsky I, Yamamura K, Baba H, Ohmuraya M. Novel method to rescue a lethal phenotype through integration of target gene onto the X-chromosome Sci Rep 2016 Nov 15;6:37200. doi: 10.1038/srep37200.
  14. 14.Nomoto D, Hashimoto D, Motohara T, Chikamoto A, Nitta H, Beppu T, Katabuchi H, Baba H. Hepatobiliary and Pancreatic: Rapid growing cystic ovarian metastasis from pancreatic cancer. J Gastroenterol Hepatol 2016 Apr;31(4):707.
  15. 15.Arima K, Hashimoto D, Inoue R, Kaida T, Higashi T, Taki K, Takeyama H, Okabe H, Nitta H, Hayashi H, Chikamoto A, Beppu T, Baba H. Intraoperative blood loss was not a predict of prognosis in pancreatic cancer patients. Surg Today 2016 Jul;46(7):792-7.
  16. 16.Hashimoto D, Chikamoto A, Ohmuraya M, Abe S, Nakagawa S, Beppu T, Takamori H, Hirota M, Baba H. Impact of postoperative weight loss on survival after resection for pancreatic cancer. J Parenter Enteral Nutr. 2015 Jul;39(5):598-603.
  17. 17.Hashimoto D, Chikamoto A, Miyanari N, Ohara C, Kuramoto M, Horino K, Ohshima H, Baba H. Recombinant soluble thrombomodulin for postoperative disseminated intravascular coagulation. J Surg Res 2015 Aug;197(2):405-11.
  18. 18.Taki K, Ohmuraya M, Tanji E, Komatsu H, Hashimoto D, Semba K, Araki K, Kawaguchi Y, Baba H, Furukawa T. GNASR201H and KrasG12D cooperate to promote murine pancreatic tumorigenesis recapitulating human intraductal papillary mucinous neoplasm. Oncogene advance online publication, 10 August 2015; doi:10.1038/onc.2015.294.
  19. 19.Hashimoto D, Chikamoto A, Sakata K, Nakagawa S, Hayashi H, Ohmuraya M, Hirota M, Yoshida N, Beppu T, Baba H. Staging laparoscopy leads to rapid induction of chemotherapy for unresectable pancreato-biliary cancers. Asian J Endoscopic Surg 2015 Feb;8(1):59-62.
  20. 20.Okabe H, Hashimoto D, Chikamoto A, Hayashi H, Nitta H, Taki K, Higashi T, Arima K, Ishiko T, Beppu T, Baba H. Hepatobiliary and Pancreatic: Skin metastases from cholangiocarcinoma mimicking herpes zoster J Gastroenterol Hepatol 2015 Sep;30(9):1337.