外来診療受付時間
日本病院機能評価機構認定病院
当院は日本病院機能評価機構の認定病院です。
看護部
病棟紹介
外来

外来の概要

外来は、地域医療への貢献を目指して20科の診療を行い、24時間救急対応をしています。医療チームによる糖尿病教室・腎臓教室を定期的に開催しており、日常生活における療養支援に積極的に取り組んでいます。

 

また、看護師による特殊外来として、ストーマのトラブルなどについての悩みを持つ患者さんに皮膚・排泄ケア認定看護師が対応するストーマ外来を開催しています。

看護師長挨拶

外来では、スタッフ一同患者さんが安心して診療を受けることができるよう、日々努力しています。

治療やケアを適切な判断で提供できるよう、他部門や病棟と連携をはかりながら、患者さんに寄り添った看護が実践できることを目指し活動しています。

外来 看護師長  川ア 知子

主な業務

外来スタッフは、他の部門との連携を図り、受診された患者さんがスムーズかつ安心して診療を受けられるように支援します。

注射や処置、採血など医師の診療介助だけでなく、医師の説明で分からなかったことはないか、不安なことはないかなどを確認し、納得して頂き安心して治療を受けて頂けるよう支援していきます。

手術室

手術室の概要

1人ひとりの患者さんが安全で確実に、且つ円滑に手術が行えるように術前から術後まで病棟や外来との連携を取り、より質の高い手術室看護の提供に努めています。

 

手術対象は小児から高齢者と様々で、幅広い手術室看護が求められます。患者さんが安心して手術を受けることが出来ることや最良の技術を提供できるよう、日々努力しています。

優しい声かけ 素敵な笑顔 温かい態度 を心がけています。

看護師長挨拶

手術室の看護師長の出木岡です。

手術中の患者さんの安全を守り、円滑に手術が行えるよう、チームワークの良さを最大限に生かして看護を提供しています。これからも「安全で安楽な手術室看護を目指して」日々患者のケアに努めたいと思っています。

手術室の経験者はもちろん!手術室看護に関心のある方、看護師としての知識・技術を広げたいと思っている方、一緒に働いてみませんか!!
いつでもお待ちしております(^_-)-☆

手術室 看護師長  出木岡 清美

主な業務

手術の直接介助・間接介助

手術器械準備

手術室内の準備・環境整備 

器械の整理整頓

術前訪問(手術前のデータなど情報の収集、計画立案)・術後訪問 

麻酔科医師の介助 

術前・術後カンファレンスの参加(医師・看護師(病棟・手術室)・コメディカル)

薬剤薬品のチェック

洗浄滅菌業務(委託業者)

腎センター

腎センターの概要

ベッド数29床(HD24床、HDF5床)

スタッフ:腎臓内科Dr2名、看護師7名、

臨床工学技士9名

 

治療内容

血液透析(HD)

血液透析濾過(HDF)

持続緩徐式血液濾過透析(CHDF)

シャント造設術(再建術)

経皮的血管形成術(PTA)

吸着式血液浄化法(エンドトキシン・ビリルビン)

血漿交換療法

白血球除去療法

腹水濾過濃縮再静注法

看護師長挨拶

安心、安全に透析を受けていただけるように信頼できるスタッフが患者さんをサポート致します。

腎センター 看護師長  下川 陽子

主な業務

腎センターでは慢性腎不全患者様が保存期から透析導入となり、快適な維持透析へ移行できる為のサポートを行っています。安心、安楽な透析治療を継続するために患者様へ納得して頂ける説明、指導を行い、透析療法と共に定期的に検査を実施して合併症の早期発見に努めています。また、フットケアを実施し、糖尿病などによる足病変の重症化防止にも努めています。

内視鏡室

内視鏡室の概要

内視鏡専門医師により、胃・十二指腸内視鏡・大腸内視鏡検査を年間約3000例行い、高画質な画像により早期発見や極細内視鏡で患者さんにやさしい検査を目指しています。患者さんと関わる短時間で、看護師9名(消化器内視鏡技師免許取得者4名)、看護助手1名で、質の高い技術提供や患者さんが安心・安全に受けられるよう検査の介助を行っています。

また、放射線科や生理検査で行われる検査・治療の介助も、内視鏡室看護師で行っています。

看護師長挨拶

内視鏡室は、専門性を要求される部署です。医療は進歩しているため、内視鏡・血管内治療における知識・技術の向上に努め、患者さんが安心安全に検査を受けられるような環境作りと看護ケアを提供しています。

日本人死因の第1位 悪性新生物、2位 心疾患、3位 脳血管疾患と言われています。胃癌や大腸癌などの早期発見のために、消化器症状がある場合は受診をお勧め致します。

内視鏡室 看護師長  片山 裕美子

主な業務

検査を受ける患者さんは、大きな不安を持って来院されます。不安が少しでも和らげるよう看護師は、処置一つ一つに説明を行いながら不安の軽減に努めています。

時間外の緊急検査・治療に備え、看護師の呼出体制も整えています。